日本職業リハビリテーション学会 第46回 北海道大会

研究・実践発表

«発表申込みについて»

発表者の資格・申込期限・および発表内容

  1. 筆頭発表者及び連名発表者は2018年5月11日(金)現在で、日本職業リハビリテーション学会正会員の方に限ります

    正会員で2018年度年会費未納の方は2018年5月11日(金)までに納入を完了してください(会費未納の場合は、大会での発表資格を失う可能性が生じます)。

    正会員でない方の場合は、学会ホームページ http://vocreha.org/ から入会申込みの手続きができます。

  2. 筆頭発表者は、発表申込みを2018年5月20日(日)までに行ってください。

  3. 発表内容は,職業リハビリテーションに関する未発表のものとなります。

    また、発表当日(2018年8月24日(金))に35歳以下の発表者は日本職業リハビリテーション学会 大会奨励賞の対象とします。

    奨励賞には、「調査・研究部門」と「実践部門」の2つの部門がありますので、発表申込の際に部門を選んでください。

留意事項

  1. 研究・実践発表は1人1題に限ります。ただし、連名発表者についてはこの限りではありません。

  2. 同一グループによる連続発表は3題までとし、発表申込書の該当欄に連続発表する標題を記入してください。

  3. 発表形式はポスター発表と口頭発表の2形式があります。ご希望の形式で申込みをいただきますが、変更をお願いする場合もありますので、ご了解をお願いします。

  4. 申込みにあたっては、研究・実践発表原稿登録フォームの下部に記載されております、学会研究倫理指針・学会員倫理規定・研究倫理チェックリストを参考にして、作成してください。また、発表原稿送付時に、該当項目をチェックして大会ホームページに登録してください。

  5. 発表者の資格、研究倫理、発表内容などについて、大会事務局から問い合わせをする場合がありますので、連絡先(メールアドレスなど)は必ずご記入ください。

    携帯メールアドレスへのご連絡を希望場合は、申込前に「shokuriha-hokkaido@notocolle.co.jp」からのメール受信設定を行ってください。

研究・実践発表【口頭発表・ポスター発表】

口頭発表

  1. 発表時間は1題につき20分間です。15分間で発表を行い、残りの5分間は質疑・応答にあてられます。ただし、進行については座長に一任されます。

  2. 使用できる機器はPCプロジェクターです。ビデオ、その他の必要がある場合は、発表論文集原稿の提出時に、大会事務局にご相談ください。

発表時間
20分
口頭発表 15分
質疑応答 5分

ポスター発表

  1. 所定の時間中にポスターを掲示し、かつ大会プログラムで指定された在席時間に質疑・討論に応じることで発表と認められます。 在席時間に不在又は質疑・討論に応じない場合は発表取り消しとなります。

  2. 会場にポスター掲示用ボードを用意します。(大きさは調整中)そのボードに持参したポスターを各発表者が掲示し、時間が来たら撤去してください。掲示のための画鋲、セロハンテープは会場に用意します。

    ポスターの掲示・撤去時間を厳守してください。

発表申込み方法

  1. 申込み期間:2018年5月20日(日)まで

  2. 申込み手続き:筆頭発表者は、発表原稿作成要領をご参照の上、原稿を作成し、このページ下のバナーか、ページ右側のバナーから必要事項を入力してお申込みください。

    注意:提出後の修正はできません。ご了承ください。

  3. 発表論文集原稿の送付期限は2018年7月3日(火)必着です。

  4. 発表論文集原稿の作成はページ右側の各種ファイルダウンロード内にある「研究・実践発表原稿作成要領」に従って作成してください。(「研究・実践発表原稿作成要領」)

    原稿はA4版2ページとし、Word(Windows)で作成してください。

    WordファイルをZIPファイルに圧縮し、このページ下のバナーか、ページ右側のバナーから登録してください。

  5. データを送信する前に、次の処理を行ってください。

    1. 文中の図表は、例えばWord(Windows)で作成する場合は図(Windows拡張ファイル)もしくは図(Windowsメタファイル)形式で貼り付けてください。

      コピーして単に貼り付けた場合には、場合によっては元の図表とのリンクが作成され、原稿の図表が表示されない恐れもあります。

    2. 写真をデジカメで撮影した場合には写真のデータ容量が設定により非常に大きくなります。デジカメで撮影した場合、あるいは引用等でサイズが大きい場合には必ず圧縮して原稿に貼り付けるようにお願いいたします。

  6. 発表に使用する機器等についても申込み用紙にご記入ください。

    なお、発表者には、後日あらためて使用機器等の確認をさせていただきます。

    プレゼンテーションはWindowsの機器で作成するようにお願いいたします。

  7. 発表に使用するデータは、USBメモリに保存してご持参ください。

自主ワークショップの募集

発表者の資格

  1. 自主ワークショップの企画者・司会者は、2018年5月11日(金)現在で日本職業リハビリテーション学会正会員の方に限ります

    話題提供者等は非会員であっても差し支えありません。

  2. 自主ワークショップの企画者は、自主ワークショップの申込みを2018年5月20日(日)までに行ってください。
  3. 自主ワークショップの企画者・司会者となる会員は、2018年度年会費の納入を2018年5月11日(金)に完了しておいてください

    (会費未納の場合は、大会での開催資格を失う可能性が生じます)。

形式について

  1. 時間は全体で、90分です。運営は企画者に一任されます。

  2. 会場にはPCプロジェクターが設置されています。

    PCプロジェクターでのプレゼンテーションを予定されている方は、ご自身で、ノートPC等をご持参ください。詳細は、大会事務局へご相談ください。

申込み方法

  1. 申込み期間:2018年5月20日(日)まで

    企画の諾否を大会実行委員会で決定し、2018年5月31日(木)までに連絡させていただきます。

  2. 申込み手続き:企画者は大会ホームページのこのページ下のバナーか、ページ右側のバナーから必要事項を入力してお申込みください。

    自主ワークショップの申込みの際は、ワークショップの題目、趣旨を詳しくご記入ください。

  3. 自主ワークショップのための原稿の登録期限は2018年7月3日(火)必着です。

  4. 発表論文集に掲載される話題提供者の原稿は必ずしも「発表原稿作成要領」に従わなくても結構ですが、発表者1名につき1ページのみ(1400 字程度)とし、文字のフォント、大きさ等を合わせていただけるとありがたく存じます。

  5. 発表論文集に掲載する原稿は、Word ファイルで作成し大会ホームページに登録してください。

  6. データを送信する前に、次の処理を行ってください。

    1. 文中の図表は、例えばWord(Windows)で作成する場合は図(Windows拡張ファイル)もしくは図(Windowsメタファイル)形式で貼り付けてください。

      コピーして単に貼り付けた場合には、場合によっては元の図表とのリンクが作成され、原稿の図表が表示されない恐れもあります。

    2. 写真をデジカメで撮影した場合には写真のデータ容量が設定により非常に大きくなります。デジカメで撮影した場合、あるいは引用等でサイズが大きい場合には必ず圧縮して原稿に貼り付けるようにお願いいたします。

  7. 自主ワークショップの話題提供者等は大会参加申込みを必ずお願いします。

上に戻る

日本職業リハビリテーション学会第46回北海道大会事務局

  • 就業・生活応援プラザ とねっと

■お問い合わせ等 受付先■

  • 株式会社Notoカレッジ
  • E-mail:shokuriha-hokkaido@notocolle.co.jp
  • 電話:0584-77-7632
  • FAX:0584-77-7633
  • 大会ホームページhttp://www.shokuriha-hokkaido.com